Open eVision Deep Learning Studio

Deep Learningトレーニングと評価アプリケーション

概要
  • Open eVisionのDeep Learningツールの評価の簡略化
  • 分類、セグメント化、および位置検出のためのデータセット作成と画像アノテーション
  • データ拡大変換を設定・表示
  • クラシファイアとセグメンタのトレーニング
  • クラシファイアおよびセグメンタのパフォーマンス分析
  • 無料



比較 販売店


Open eVision Deep Learning Studio
Open eVision Deep Learning Studio

Open eVision Deep Learning Studioは、データセットの作成のほか、Open eVisionのDeep Learningツールのトレーニングと検証においてユーザーを支援するアプリケーションです。

Open eVision Deep Learning Studioは無料アプリケーションで、ライセンスは必要ありません。ユーザーが所有する画像を使ってDeep Learningライブラリを検証できます。プログラミングは不要です。

[OPEN EVISION DEEP LEARNING STUDIOをダウンロード] をクリックしてOpen eVisionをインストールしてください。サンプル画像、マニュアル、サンプルプログラムが含まれます。


データ拡大
データ拡大

Deep Learning Studioには、EasyClassify、EasySegment、およびEasyLocateのデータ拡張機能が豊富に用意されています。幾何学データ、カラーデータ、およびノイズのデータ拡張を調整した後に、トレーニングデータセットで結果を確認します。


セグメンテーションのためのアノテーションツール
セグメンテーションのためのアノテーションツール

Deep Learning Studioには、EasySegmentの教師ありモードに必要な正解セグメンテーションマスクを描くのに必要なアノテーションツールが統合されています。またDeep Learning Studioでは、EasySegmentツールで計算した予想セグメンテーションを正解アノテーションとしてインポートとすることも可能です。これにより、データセットのアノテーション作業をよりシンプルで素早く行うことができます。


Deep Learningツール
Deep Learningツール

Deep Learning Studio supports all the features of the classification (EasyClassify), segmentation (EasySegment) and localization (EasyLocate) libraries.

入力の解像度といったツールのパラメータや、ニューラルネットワークを実行するデバイス (CPUまたは1つ以上のGPU) を簡単に設定できます。

検証プロセスを各ライブラリに合わせてカスタマイズできるため、データを最大限に活用できます。


トレーニングプロセスを視覚化
トレーニングプロセスを視覚化

トレーニングプロセスウィンドウでは、モデルの精度を評価するために使用されるメトリックスの変化を確認できます。トレーニングはCPUまたはGPUで稼働しており、中断と再開をいつでも実行できます。


対象領域とマスクの編集
対象領域とマスクの編集

グローバル領域とマスク、または画像ごとの領域とマスクは、Deep Learning Studioで編集できます。これらの機能は、トレーニングを入力画像のある部分に制限するために使用します。


トレーニング結果の分析
トレーニング結果の分析

トレーニングプロセスの結果の分析や調査に使用できる包括的なツールやグラフのセットが用意されています。混同マトリックス、スコアのヒストグラム、ROI曲線は、トレーニングされたモデルの強みと弱みを理解する上で役立ちます。


Ordering Information
Product code - Description