CamPortビデオコンバータ

低レーテンシービデオデコンバータ

At a glance
  • Camera LinkおよびNTSC/PALカメラから標準GigE、USB3、CXPポートへの接続
  • 超低レーテンシーおよびジッター
  • Sphinx SDK同梱
  • GigE Vision、USB3 Vision、CoaXPress、GenICam標準に準拠
  • スタンダード (ハウジング付き) および OEM (ハウジング無し) バージョン
  • 標準温度範囲 (0℃~+70℃) および拡張温度範囲 (-40℃~ +85℃) 対応 (選択モデル)
リアルタイムビデオストリーミング

業界標準のGigE Visionプロトコルを使用して、標準GigE接続経由でビデオと画像処理データをリアルタイムにストリーミングします。


USBポートで立証済みのCamera Linkカメラを使用
USBポートで立証済みのCamera Linkカメラを使用


マルチキャスト機能

マルチキャスト機能により、高度な分散処理と制御アーキテクチャを実現します。


Windows drivers available
Windows drivers available


GigEポートで立証済みのCamera Linkカメラを使用
GigEポートで立証済みのCamera Linkカメラを使用


長距離: 2地点間100メートル

GigEネットワークセグメントは、標準的なカテゴリー5eまたはカテゴリー6ケーブルを使って最大100メートル (328フィート) にできます。市販のEthernetスイッチとファイバコンバータを使用する場合、距離の制限はありません。


Sphinx SDK同梱
Sphinx SDK同梱

CPUリソースの使用を最小限に抑えた高性能動画アプリケーションを素早く簡単に設計するために必要なビルディングブロックを提供。多彩な機能が搭載されたソフトウェアツールキットです。

  • Windows向けフィルタドライバおよび取り込みライブラリ
  • サンプルアプリケーション (GigE Vision/GenICam準拠ビューアを含む)


リアルタイムビデオストリーミング

業界標準のUSB3 Visionプロトコルを使用して、標準USB3接続経由でビデオと画像処理データをリアルタイムにストリーミングします。


超低レーテンシ―

拡張温度範囲のバージョンを提供: -40℃~+85℃ (華氏-40度~+185度)


他社ソフトウェアと互換

サードパーティー製GigE Vision/GenICam準拠ビジョンソフトウェアライブラリ (MIL、LabView、Halcon, CVBなど) と互換


比較する製品をコラムで選択し、比較してください
 
製品を選択してください
製品を選択してください
製品を選択してください
Life Sciences XRay

フラットパネルディテクター (FPD) からの高精細画像取り込みとストリーミング

Life Sciences Endoscopy

内視鏡検査分野向け標準および高精細の画像取り込み

Life Sciences Surgery

映像誘導手術向け標準および高精細の画像取り込み

HD LL Streaming Remote

リモート制御のためのIPによる高精細低レーテンシービデオストリーミング

  • クレーンのリモート制御:コンテナターミナルでは、荷役用のクレーンがリモート制御されます。オペレータはクレーンから数百メートル離れたところにあるコントロールステーションで操作を行うため、快適でエルゴノミックな環境で作業を行うことができます。ひじ掛け椅子に座り、ジョイスティックとボタンを使ってクレーンを操作したり、カメラの映像で作業を監視します。乗物酔いをすることはもうありません。リモート制御によりクレーン速度がアップし、コンテナの積み下ろしサイクルの時間が短縮されました。
  • ドローンのリモート制御:ドローンに高精細カメラを搭載することで、より細かい操作と詳細な検査を行うことができます。ビデオストリームはオンボードでエンコードされ、WiFiネットワークを介して地上ステーションにストリーミングされた後、処理したり保存することができます。
HD LL Streaming Critical

重要インフラ向けIP経由高精細低レーテンシー ビデオストリーミング

  • 海洋掘削プラットフォーム
  • 石油、ガス生産、パイプライン
  • 石油精製工場
  • 発電所
  • 採鉱
  • 工場/製造プラント
  • 軍隊
HD LL Streaming Mines

鉱山でのIPによる高精細低レーテンシービデオストリーミング

露天採鉱の現場では、無人輸送車や掘削機を離れた場所から安全に制御できます。作業員は環境騒音に悩まされることなく、エアコンのきいた部屋で作業できます。その結果、作業員の疲労が軽減されるため、エラーが削減され、日々の作業のダウンタイムも減少します。